記事の詳細


SPONSORED LINK

離乳食 進め方 実例 初期

気になる離乳食 進め方 実例 初期

いざ離乳食を始めようと思うと、自分の体ではないので、離乳食の進め方に関してはいろいろと心配することも多いですよね。

食べ物の固さや食べさせて大丈夫なもの、味付け、量などなど。初めてではどの程度から始めればいいのか、どうやって進めていけばいいのかは、やっぱり難しいものです。。。

今は、生後5〜6ヶ月で離乳食をスタートさせることが推奨されていますが、赤ちゃんの体は全員同じではありません。なので進め方が合っているのか、人より遅れているのではないかなど、心配になってしまうと思います。

でも、離乳食の進め方は心配しすぎないことが大事ですよ。

マニュアル通り全て同じく進めてしまうと、赤ちゃんの成長にあっていないかもしれません。また慎重になりすぎて赤ちゃんの成長を妨げてしまうことになるかもしれませんので少しずつマニュアルにとらわれないで我が子に合わせて行いましょう。

離乳食 進め方 実例 初期 で大事なのことは、赤ちゃんがきちんと食べられるかということと、アレルギーだけです。初めての事が確実にこなせる子はほとんどいませんよ!!なので、食べられるか・アレルギー以外のことは、心配しないで赤ちゃんと離乳食を楽しむ気持ちで取り組んでいきましょう。

離乳食の進め方は個人で異なると思いますが、私の実例を簡単に欠きたいと思います。
離乳食 進め方 実例 初期

1台3役「蒸す・きざむ・つぶす」離乳食も短時間で簡単!

離乳食の初期について。

育児本、インターネット、母子手帳などを見て生後5ヶ月頃に始めました。

息子くんは混合でしたが、いくら飲んでも飲み足りない感じで大食いだったのかな??初めては、おかゆを1さじあげましたが、すんなり食べてくれました。10倍粥と言ってもどの程度が10倍なのかよくわからなかったので、ご飯とぬるめの白湯を足してミキサーやブレンダーを利用してドロドロにしてました。

3、4日続けて便や体調も変化がなかったので野菜のペーストも追加してあげました。ジャガイモやサツマイモがお気に入りの息子くん。人参粥は苦手のようでしたが、今では1歳3ヶ月の息子くんですが、野菜大好きっ子です♪♪

野菜を煮て、ミキサーやブレンダーを利用してドロドロに。ヨーグルト的な堅さです。離乳食の初期は味付けは必要ないので、素材そのものの味を覚えてもらいましょう!!

蒸す・きざむ・つぶすが一気にできる1台3役 ベビーブレッツァがオススメです!!ベビーブレッツァには離乳食の初期(ゴックン期)中期(モグモグ期)のレシピもついてきます!!

離乳食の他におやつやスープ作りにも大活躍!!

離乳食の記事を別サイトにまとめました

気がつけば離乳食についての記事がかなり増えたので、別サイトにまとめました。

是非、参考にしてください。

離乳食についてのまとめサイト
知っておきたい離乳食のコト

SPONSORED LINK

関連記事