記事の詳細


SPONSORED LINK

離乳食のまとめページ 知っておきたい離乳食のコト はこちら

離乳食 進め方はどうするの??

日本で推奨されている離乳食の開始時期は平成26年現在は「5~6カ月頃」からと言われています。
では5ヶ月 離乳食 進め方をご紹介しますね!!

5ヶ月 離乳食 進め方<食べ方の目安>

離乳食を始めるにあたって、食欲を促し規則的な食事で生活リズムを整えて、食べる楽しさを体験していくことを目標としましょう!!子どもの様子をみながら、まずは1さじずつ始め、ます。母乳や粉ミルクは飲みたいだけ飲ませる。
離乳が進むにつれ、1日2回食、3回食へと食事のリズムをつけ生活リズムを整えていくようにしましょう。
また、いろいろな食品の味や舌ざわりを楽しむ、家族と一緒の食卓を囲む、自分で食べることを楽しむ。というように、食べる事に対しての楽しさ体験を増やしていく。

5ヶ月 離乳食 進め方<食事の目安>

食品の種類と組合せ・与える食品は、離乳の進み具合に応じて、種類を増やしていきましょう。

1.離乳の開始では、アレルギーの心配の少ないおかゆ(米)から始める!

始める時には一さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていくようにしましょう。
慣れてきたら野菜、果物をあげてみましょう。さらに慣れたら豆腐や白身魚にもチャレンジ!!子供の様子を見ながら種類を増やしていく。

注意:はちみつ・黒砂糖は乳児ボツリヌス症予防のため満1歳までは使わないで下さい。

*1日1回、スプーンで1杯から始めて、食べれるようなら徐々に量を増やしていきます。

5ヶ月 離乳食 進め方<食べ物の状態>

ヨーグルトのように、なめらかにすりつぶした、噛まずに飲み込める柔らかさにしましょう。

私の場合はブレンダーやミキサー、フードプロセッサーを使い手軽に調理を済ませちゃいました♪♪

5ヶ月 離乳食 進め方
★ ブラウン マルチクイックプロフェッショナル

最初は、口に入れてもすぐに押し出してしまう子もいますが、初めての味や食感に戸惑うのはあ当たり前!無理に入れようとしないでくださいね。口に入れるだけでも十分です。

子供に合わせてゆっくりと始めて大丈夫です。

離乳食を毎日決まった時間に与えることで、生活のリズムができます。赤ちゃんやママの状態に合わせて無理なく進めていきましょう!!

初めての食材を与える時は、アレルギーなどでその後の体調の変化に注意しなければなりません。病院に行くかもしれないということも考えられるので、初めての食材を与えるのは午前中の方がよいでしょう。

子供の初めてのミルク以外の食べ物です。アレルギーがわかったら食品を買いそろえるのは大変!!そんな時はアトピー、アレルギー対策SHOPのもぐもぐ共和国がオススメです。

離乳食の記事を別サイトにまとめました

気がつけば離乳食についての記事がかなり増えたので、別サイトにまとめました。

是非、参考にしてください。

離乳食についてのまとめサイト
知っておきたい離乳食のコト

SPONSORED LINK

関連記事