記事の詳細


SPONSORED LINK

耳かきが危険!?

今、耳の中が見えて便利と光るタイプの耳かきが流行っている中、子供が電池を誤飲してしまう事故がおこってしまってます!
ボタン電池,誤飲,電池式耳かき,ピップ,光る!粘着耳そうじ棒

今、手持ちの光る耳かきにちゃんと電池入ってますか!?

今回事故が起きた商品は、ピップの電池式耳かき「光る!粘着耳そうじ棒 ピカッとキャッチ」です。

この商品の電池を男児が誤飲する事故が1件。

事故が起きたのは13年8月ですが、1歳の男児が親が目を離した隙に電池を誤ってのみ、2か月入院となったそうです。

電池を飲んでしまうと、消化器官を損傷させて危険です。内視鏡で取れればまだいいものの、小さいカラダにメスを入れることになるかもしれません。

入院は子供も親も辛い

飲んだ子供本人も大変ですが、小さい子となると、親も一緒に入院しないといけません。小さいカラダに不安と傷跡を残さない為にも、電池を使ったものを子供の目に触れる部分に置かないこと。なるべく子供用品としては使わないことを心がけましょう!

ピップの電池式耳かき「光る!粘着耳そうじ棒 ピカッとキャッチ」は2011年9月の発売から計13万5597個を出荷しているので、購入しているママ多いですよね?

事故が確認されたのは、1件ですが、電池部分のフタの安全性が不十分と判断されたので自主回収すると発表されました。

心配でないママはいないと思いますが、ママの管理で事故は防げるので、子供が危険にさらされるようなものは、キチンと保管場所を決めて、電池など、定期的に入っているかの確認もしましょう!

SPONSORED LINK

関連記事