記事の詳細


SPONSORED LINK

授乳姿勢で腰痛発症

産後に腰への違和感を感じる人が増えているようです。
妊娠中でもお腹が大きくなるにつれて、腰への負担があるのは当然で、産後には改善される方もいます。

産後に腰痛に悩まされる方の主な原因は授乳姿勢です。毎日、数時間おきの授乳で知らず知らず肩や腰に負担をかけているんです…。腰痛になる主な授乳姿勢はソファーや床、ベッドで座って授乳をする際、赤ちゃんを覗き込むように背中を丸めていたり、楽だからと横座りなどしていませんか??その授乳姿勢が、体を歪ませ腰痛を引き起こしてしまうんです。

授乳姿勢を正して腰痛緩和

授乳 姿勢 腰痛

授乳姿勢からくる腰痛に骨盤補整座イス>>詳細<<

腰痛は持病の方や授乳姿勢から発症する方もいると思いますが、やはり正しい姿勢が大切ですね。
座る場所は特に限りませんが、床に座る事がオススメです。ソファーであれば沈み込んだりしない物がいいですね!

授乳姿勢で背中を丸めない状態にするには授乳クッションやタオルを使うといいですよ!
おっぱいの高さと赤ちゃんの高さを合わせると背中を丸めなくても授乳ができます。

そこで、意識してほしいのは背筋を伸ばす事と骨盤を立てる事。背筋を伸ばすと腰も伸びて楽になります。この姿勢が辛い方は骨盤が安定してないからだと言えるかも…
横座りをすると尚更骨盤が歪んで安定しませんので、座り方はあぐらか正座が良いです。

腰痛が気になるけど、正しい授乳姿勢も辛い方には

体を起こしているのが辛いママさんには添い乳がおすすめ!睡眠不足でなかなか疲れが取れていないときも、赤ちゃんが窒息しないような対応をしながら一緒に横になっても良いでしょう。
ただ、その時も骨盤が歪まない注意が必要です! 体を支える為に腰をひねった状態で横にならないように、脚の間にクッションなどをはさんでみてください。

授乳姿勢からの腰痛原因とは

記事からもわかるように、骨盤の歪みによって腰痛が起きてしまうんです。産後は骨盤が緩んでいる状態です。その状態の時に骨盤が歪んでしまうような体勢を取ってしまうと、骨盤が歪んだ状態で固まってしまうので慢性的な腰痛になる可能性もありますし産後太りにもつながります。なので、授乳姿勢に気をつけましょう!

SPONSORED LINK

関連記事