記事の詳細


SPONSORED LINK

産後の骨盤を歪ませる寝方

産後 骨盤 寝方
産後の寝方について考えた事がありますか?私は昔、何かの番組で人間の体は夜寝ているとき、寝返りをうつことで体の歪みが改善されると聞いた覚えがあり、特に寝方など気にした事がありませんでした。
しかし、産後の骨盤について調べると、寝方で骨盤が歪むという事を目にして慌てて調べちゃいましたよ。

産後は赤ちゃんと一緒に寝たり寝なかったりと分かれると思いますが、授乳が数時間置きで母乳のママさんは沿い乳が楽ですよね!沿い乳のママさんや赤ちゃんと一緒に寝るママさんはほとんど横向きで寝ていると思います。
横向きで寝る方で片足を伸ばした状態で、もう片足がヒザを曲げて寝ていませんか?この寝方が骨盤を歪ませる寝方なんです!産後の方だけでなく、横向きで寝ている全員に言える骨盤に良くない寝方ですね。

沿い乳や添い寝で横向きが絶対なママはどうしたらいい?

産後 骨盤 寝方

骨盤歪みサポート抱き枕!赤ちゃんの布団はみ出し対策にも便利>>詳細はコチラ<<

そうですよね、沿い乳・添い寝で仰向けで寝るなんてなかなか出来る事じゃないですよね。
そんな時は、骨盤を歪ませないように横向きになれば良いんです!方法は簡単。曲げたヒザから足首の下にクッションや枕を入れる。また、両脚の間クッションや枕をはさんでみましょう。骨盤を左右水平に保って寝る事で骨盤が歪みにくい体勢になって腰への負担も減ります。

産後の開ききった骨盤が戻る時に骨盤が歪んでしまう寝方をしてしまうと出産前に比べて歪みやすいので注意しましょう。

※お布団の中に常に枕やクッションを入れておくと便利です。また、赤ちゃんと寝たのはいいけど、枕やクッションを準備し忘れてて、動けなくなった時は毛布や掛け布団を代用しても良いですね。

SPONSORED LINK

関連記事